ホーム > 地震対策 > 応接間解体

応接間解体

s邸の和室が左官入る日程が少しずれたため、最後の応接間の壁解体をしました。

こちらも部屋の一部だけ壊しておこなう工事になります。

こちらの壁も上下空き工法を使う予定でしたが、金物の関係から床、天井も解体して

いつもの構造用合板の補強になりました。

 

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.tateiwak.com/archives/1140/trackback
トラックバックの送信元リスト
応接間解体 - 有限会社立岩工務店 より

ホーム > 地震対策 > 応接間解体

アーカイブ

ページの上部に戻る