ホーム > 地震対策 > 筋交いタスキ掛け工法

筋交いタスキ掛け工法

今回耐震方法としまして、新規の筋交いをタスキで取付けました。

ここの場所は新規で壁を作ることになった場所で、当初の計画ですと

構造用合板を裏表に取り付ける予定だったのですが、構造用合板を取り付けると

少し壁が出でしまうので、耐震を行わない既存の壁と段差がついてしまうため、

筋交いをつける方法をとりました。

耐震力もそれほど変わらないので、スムーズに移行できました。

IMG_3704

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.tateiwak.com/archives/1468/trackback
トラックバックの送信元リスト
筋交いタスキ掛け工法 - 有限会社立岩工務店 より

ホーム > 地震対策 > 筋交いタスキ掛け工法

アーカイブ

ページの上部に戻る