地震対策


政府の中央防災会議が乗さ毎地震の際のこの地域の震度予測が上方修正されました。新たな予測では、ほぼ全域が「震度6弱から7」に上がりました。この地域では建築基準法で現在の耐震設計基準が定められた昭和56年以前に建てられた木造住宅が約4万棟あるといわれています。
「当社は、この1年間に120棟余りの耐震診断を実施してまいりました。」地震に対して強い家となるよう耐震診断を受け、必要に応じて耐震改修を行うことをお薦めします。
現地調査
地盤、基礎、老朽度、筋かいの有無、屋根等、詳細にあなたの家をチェックします。
コンピュータ診断
現地調査票に基づいて、東京都推奨のコンピュータプログラムで耐震診断を実施します。
診断報告お見積り
耐震診断報告書に基づいて、あなたの家の耐震補強策をご提案します。
工事
プロテクター設置工事は、最長でも2日間です。日常生活には、まったく支障をきたしません。
アフターサービス
半年に1回の定期巡回を実施し、常にあなたの家を見守ります。
(3年間無償で実施)
アーカイブ

ページの上部に戻る